配管工事

ポリエチレン管

パイプインパイプ工法

老朽化した既設管内に、接合したポリエチレンを引き込む非開削特殊工事です。

工法情報

バット融着した管を老朽化した水道管(さや管)に挿入し管路の更新を図る工法です。
発進立坑と到達立坑を設け、陸上もしくは立坑内で新管の接合作業を行いながら、さや管(既設管)に挿入します。

特長

1. 非開削での工事が可能
2. 開削が立抗のみなので周辺環境への負荷低減
3. 一般の布設替えと比較して、短工期

施工法

サイズ


施工事例の紹介


発進側 バット融着の実施


到達側 引込風景

2011年 愛知県○○市 道路下・水道管更生工事
使用管種:エスロハイパーJW200(さや管φ300) 延長120m

施工事例2を見る施工事例3を見る施工事例4を見る施工事例5を見る