特殊配管工事

ポリエチレン管

バット融着工法

ポリエチレン管の接合方法のひとつであるバット融着接合による配管工事です。

工法情報

バット融着とは、ポリエチレン管の接合方法の一つで、管端を直接ヒーターで加熱溶融させ、加圧することで接続する方法です。

特長

  1. EF継手を用いず接合を行うため、経済性に優れる。(特に大口径になるほど経済的)
  2. EF継手を用いた接合に比べて、外径を小さくすることができる。(パイプインパイプ工法に有利)

施工法

施工事例の紹介

2011年 新潟県 雨水・排水管布設工事

・使用管種:圧力管路用ポリエチレン管

・呼び径600:延長 510m、呼び径300:延長 520m